犬の薬(くすり)ならジェネリック薬品がおすすめ。



ジェネリック薬品は安心・安全・安いの3拍子!



白内障を治療するための点眼薬です
白内障は加齢による老化現象が原因とされています。犬も人間と同様に加齢とともに老化が進んでいきます。また、白内障は目の水晶体が白く濁っていくことで視力が低下し、そのまま治療をせずに放っておくと失明するケースもあります。主成分であるN-アセチルカルノシンは、白内障の治療に適していることが明らかにされています。
10ml 2,911円‥‥C-NAC▶︎▶︎




「犬の薬(くすり)ならジェネリック薬品がおすすめ」では、保険が効かないワンちゃんのお薬(くすり)は結構、びっくりするような高価なものです。
よくある話ですが、犬の薬は人間の薬と違うと思っている人が多い事。


ペット薬01.jpg実は、動物病院で処方する薬の大半が人間用の薬なんです。
愛犬が具合が悪いとか悪そうだからといって、心配だから当然動物病院で診察をしてもらいますよね。
そして出されるお薬がどんな成分で何に効くんだろう?って調べる人は少ないはずです。


実はその薬を調べることで、愛犬がどの程度の症状なんだろうということがわかります。
ネットで薬名を検索すればわかるはずです。それと同時に人間にも処方されているんだということが良くわかるはずです。


「犬の薬(くすり)ならジェネリック薬品がおすすめ」では、少しでも家計の負担にならないようにしたいと願う人たちに、少しでも安くて安心できる犬の薬(くすり)をチョイスして紹介しています。


人間の薬と同様に、犬の薬にもジェネリック薬品が存在します。
動物病院で処方してもらう薬の3割から7割ほども安いのをご存知でしょうか?
今やネットで何でも揃う時代。犬の薬も通信販売で購入する人も増えてきています。


そこで、「犬の薬(くすり)ならジェネリック薬品がおすすめ」で扱う商品は、
アジア最大級のペット医薬品通販ショップの「Petくすり」、「うさパラ」の商品を網羅しています。
紹介する商品は全てメーカーにおいて厳しい検査を受けた良質な製品ばかり。
ジェネリック医薬品におきましてはFDAの認証を受けている商品のみを扱っているので安心です。


人間の場合なら、普段から「痛み止め」「胃薬」「下痢止め薬」「テープ絆創膏」など常備していますよね。
犬の場合でも同様です。フィラリア予防薬や痛み止め、下痢止め、止血剤など、
普段から常備すると何かトラブルがあっても慌てずにすみます。


ただ、安いからといって安易に素人判断で取り扱うのも危険です。
前もっと獣医師と相談することをおすすめします。



獣医師と薬剤師が共同開発した肌をいたわるスプレー
アクアバリアスプレーは、保湿、抗炎症、殺菌、修復、バリア機能サポートといった多彩な作用を持つのが特長で、敏感肌のペットにも安心して使用することができます。また、ペット達を深いリラックスへと誘う天然精油ラベンダーも配合されており、心身ともに、健康的な美しい状態へと導きます。
200ml 1,880円‥‥ペルシーアクアバリアスプレー▶︎▶︎





犬の薬(くすり)ならジェネリックがおすすめのインデックス

●フィラリア予防薬
犬にとって怖い病気のひとつにフィラリア症があります。犬の心臓病の中でも一番ポピュラーな恐ろしい病気です。蚊が出回りはじめる3月〜11月には、フィラリアを予防する薬を摂取することで100パーセント防ぐことができます。世界的な異常気象により今では1年中予防することをおすすめしています。

●ノミ・マダニの駆除薬
最近ではスーパーでもコンビニでも安価で手に入る駆除薬ですが、正直効き目は期待できるほどのものではないでしょう。やはり獣医師もすすめる駆除薬が安心です。でも高価なものばかり。ジェネリック薬品が比較的安く手に入るおすすめの駆除薬です。

●体内寄生虫駆除薬
一度体内に寄生すると、寄生虫は犬の栄養をうばって生きるために、犬は日常生活に必要な栄養分が足りなくなって元気をなくしてしまいます。早期に駆除することで完治する病気も多いのでジェネリック薬品がおすすめです。

●犬の目の薬
犬の目の病気で一番多いのが結膜炎です。他にも角膜炎なども多く、愛犬にとって痛みを伴うからツライ病気です。気になるしぐさを見せたら一度獣医に相談しましょう。また、高齢・老犬になると進行するのが白内障ですが、ジェネリックの点眼薬が有効で治療に期待がもてます。

●犬の耳の薬
犬の耳は人間には聞こえない小さな音まで敏感にキャッチする集音装置といえます。また、平衡感覚を保つうえで大切な器官のひとつです。犬の耳は動物の中でも比較的大きい形をしているために、病気になることも多いのが現状です。犬の耳のジェネリック薬品を紹介しています。

●犬の心臓・血圧の薬
犬の心臓の代表的な病気といえば、フィラリアが心臓内部に寄生するフィラリア症。その他に高齢犬・老犬になると多くなるのが心不全などのように心臓の機能が低下して起こる病気があげられます。そんな心臓病の予防や緩和するジェネリック薬品を紹介しています。

●犬の感染症の薬
ウイルスや細菌が犬のカラダに侵入して増殖することを感染といいます。感染することで、体内の働きやしくみに障害をおこして病気となって変化をもたらします。一般的に感染症に多いのが、皮膚への真菌などの感染でかゆみや痛みを伴う皮膚病になったり、呼吸器官に入り込んで咳や嘔吐を起こしたり、内蔵や生殖器に感染したりします。

●犬の関節の薬
関節には、弾力性のある関節軟骨、そしてその隙間(関節腔)、関節が動く時に潤滑油の役目をはたす渇液(関節液)、その渇液をつくる滑膜、そして関節を動かすための線維層と靭帯から構成されています。犬の関節の病気のほとんどが、普通に動きやすい関節でおこります。




日常のストレスによる不安や緊張を軽減させるサプリ
犬用ストレス緩和チュアブルに配合されている天然成分のトリプトファンとバレリアン(カノコソウ)の根が、犬の穏やかでリラックスした毎日を応援します。トリプトファンは、睡眠やストレスに関与している神経伝達物質であるセロトニンの前駆体です。NASC(全米動物サプリメント評議会)の厳しい監査をクリアしています。
30錠 1,745円‥‥犬用ストレス緩和チュアブル ▶︎▶︎


ペットのお薬最大70%オフ!



posted by ogu at 23:29 | はじめに | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る