犬の分離不安症の薬ならクロフラニールがおすすめ



犬の分離不安症の薬なら

クロフラニルがおすすめ



皮膚炎、真菌感染症、掻痒などの改善に
皮膚疾患に効果が期待できる有効成分ゲンタマイシン、ベタメタゾン、クロトリマゾール配合で、かゆみからくるペットのストレス改善にも期待できます。
25g 1,173円ダーミヒールクリーム(Dermiheal Cream)▶︎▶︎




  いつも飼い主のそばにいて安心している犬にとって、飼い主から離れている時間が長ければ長いほど、不安が募って飼い主への依存度が増していってしまう犬がいます。幼犬の時から飼い主と共に常に離れない生活をしている犬に多くみられる症状が「分離不安症」です。


常に飼い主と一緒にいる愛犬が、飼い主が買い物や仕事などで留守にするたびに、ひとりぼっちになって強い不安を感じてしまい、モノを壊したり、過剰に吠えたり、リビングでトイレをしたりと問題行動を起こしやすくなります。

小さい時から飼い主のそばを離れない愛犬の場合、高齢になればなるほどこの症状が非常に強くなる傾向にあるようです。


分離不安症の犬には、行動療法と薬物療法を併用します。
行動療法にはいろいろな方法がありますが、脱感作療法として玄関を出たらすぐに戻ることを数回繰り返し徐々に慣らしていきます。慌てて外出するのではなく5分〜10分の余裕をもってこの作業を繰り返してから黙って外出します。
テレビやラジオをつけたままにするのもいいかもしれません。

薬物療法としては、一般的には動物用坑うつ剤「アナフラニール」などの塩酸クロミプラミンの投与をします。
ここで紹介するのは、そのアナフラニールのジェネリック薬「フロフラニル」です。



マラセチア皮膚炎の治療やコントロールに
「ミコナゾール硝酸塩」と「クロルヘキシジングルコン酸塩」を配合しているペット(動物)用シャンプーです。「脂漏性皮膚炎」は、別名「マラセチア皮膚炎」とも呼ばれる、マラセチア属真菌(カビ)より起こる皮膚の炎症疾患です。また、皮膚にいるブドウ球菌(細菌)も関与している場合が多いと考えられています。2種類の成分が含有されていますので、そのどちらにも働きかけることができます。
250ml 2,8176円‥‥ミコテックス(Micotix)シャンプー▶︎▶︎





CLOFRANIL クロフラニル


クロフラニルの使用上の注意点

必ず獣医師の処方と指導をうけて、ご使用ください。
発疹などのアレルギー症状があるペットへのご使用は控えてください。

緑内障、眼内圧亢進、心臓疾患、尿閉、排尿困難、甲状腺機能亢進症、痙攣性疾患、躁うつ病、脳の器質障害、統合失調症、副腎髄質腫瘍(褐色細胞腫、神経芽細胞腫)、肝障害、腎障害、低血圧、便秘があるペットへのご使用は控えてください。

副作用として、喉の渇き、吐き気、眠気、食欲減退などの症状が現れる場合があります。



クロフラニール 100錠



アナフラニールのジェネリック薬です。獣医師によって分離不安症と診断された場合に用いる薬です。 一般的な使用量は、体重1kgにつき2〜3mgを1日2回使用します。
有効成分:クロミプラミン
メーカー:サン・ファーマ


●10mg うさパラ価格 2,290円 ‥‥詳細を見る>>
●25mg うさパラ価格 3,355円 ‥‥詳細を見る>>
●50mg うさパラ価格 3,974円 ‥‥詳細を見る>>


            買えば買うほどお得なセット購入例!
●10mg2箱 うさパラ価格 3,426円 ‥‥詳細を見る>>
(1箱あたり1,713円とお得)
●25mg2箱 うさパラ価格 5,509円 ‥‥詳細を見る>>
(1箱あたり2,755円とお得)
●50mg2箱 うさパラ価格 6,711円 ‥‥詳細を見る>>
(1箱あたり3,356円とお得)


※為替レートの変動などで掲載している価格は目安として判断してください。
適正な価格は各商品ページでご確認ください。また、パッケージデザインなどの変更があることもご了承ください。

犬のくすりならジェネリック薬品がおすすめ‥‥詳細を見る>>





甲状腺ホルモンを補うことで、甲状腺機能低下症に伴う症状を改善
有効成分のレボフロキサシンナトリウムを含有した甲状腺ホルモン製剤です。甲状腺機能低下症は、甲状腺から分泌される甲状腺ホルモンの機能が弱まることで発症します。主に身体の一部に脱毛や皮膚疾患にかかりやすくなったりなどの症状がみられます。
50錠 1,423円‥‥レボチロキシン(Levotiron)100mcg▶︎▶︎




ペットのお薬最大70%オフ!


posted by ogu at 01:06 | 犬の分離不安症の薬 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
TOPに戻る